団塊のノーブレスオブリージュ

請戸小学校物語
メインメニュー
トップ (メニュー)  >  [2007年地球感謝祭の活動詳細]  >  「歌うメガピース」皆で歌おうに参加
私達「歌うメガピース」は、『合唱を通じて地球感謝祭の来場
者を笑顔にする!』を合言葉に、活動してきました。9月上旬
に、『合唱をやろう!』と話が持ち上がり、メンバーを集め始
め、練習が始まったのは、本番のわずか10日前でした。初期
メンバー数名が必死になって友達を口説き、そして友達がその
また友達を口説き落とした結果、集まったメンバーは総勢46
名。合唱経験メンバーのリードの下、楽しみながら必死に練習
した10日間でした。そんな急造の合唱隊が、カルチェラタン
さんの企画である「世代を越えてみんなで歌おう」で皆様とご
一緒させていただいたことは、大変光栄な想いでありました。
前田キヨ子先生の伴奏、大由鬼山先生の尺八演奏に合わせて、
大ヒット曲「千の風になって」、「涙そうそう」(キヨ子先生
の手話が素敵でした)、私達が練習を重ねてきた「あの素晴し
い愛をもう一度」の合唱など、会場の参加者の皆様と声を合わ
せて歌ったひと時は、「世代を越えて」の名に相応しい、大変
素敵なものでした。
また、我々若者が人生の先輩である参加者の皆様と、同じ空間
で一緒に同じ感動を味わせて頂く機会に恵まれたことは、私達
のこれからの活動に大きな希望を与えてくださいました。実は
私達は12月に早稲田大隈講堂で「MEGA PEACE」という世代横断
型音楽イベントを企画しています。世代や立場を越えて、人と
人が繋がることができるイベントにしたいと考えています。今
回のカルチェラタンさんの「世代を越えてみんなで歌おう」と
いう理念にはまさに共鳴するものがありました。私達が退場の
際に、キヨ子先生による「幸せなら手をたたこう」の伴奏に合
わせて、会場参加者の皆様が拍手で私達を見送って下さった温
かい光景は、「歌うメガピース」のメンバーの心の中に深く刻
まれています。最後になりますが、カルチェラタンの岩淵様、
前田キヨ子先生、大由鬼山先生、来場者の皆様に心から厚く御
礼を申し上げます。
代表:庄司裕一
投票数:115 平均点:3.13

カテゴリートップ
[2007年地球感謝祭の活動詳細]
次
2007年地球感謝祭準備ページ